DVS:マレーシアでVHMとGVP

マレーシア獣医サービス省(DVS)は、マレーシアの畜産物の安全と品質を保証する政府部門です。DVSはまた、生きている動物や動物製品の輸出入を規制し、疾病管理などのその他のサービスを提供しています。

DVSの主なアトリビュートには、次のものがあります。

  1. 人と動物のための食の安全確保
  2. 動物を病気から守る
  3. 動物の福祉を促進する
  4. 畜産業の競争力強化

DVSマレーシアが目的達成のために使用する活動

DVSは、以下を含む多くの活動を通じてその目的を達成しています。

  1. 食品の検査と試験
  2. 獣医師の登録とライセンス
  3. 生きた動物および動物製品の輸出入の規制
  4. 動物の健康と福祉に関する教育リソースを提供する。

DVSはマレーシアの重要な組織で、一般市民と動物を病気から守り、食品の安全性を確保し、動物福祉を促進する上で重要な役割を果たしています。

DVSマレーシアの認証問題ですか?

DVSマレーシアがその目的を達成するために発行する認定がいくつかあります。しかし、以下は最も重要な2つです。

  1. VHMまたは獣医健康マーク
  2. GVPまたは良好な獣医の練習

VHMとは?

動物衛生マーク(VHM)は、動物医薬品が良い動物衛生慣行に従って生産されたことを証明するためにマレーシアの動物医療省が発行する認証マークです。

VHM要件

DVSマレーシアの認定を受けるには、ベテリナリーヘルスマーク(VHM)認定申請者は以下の条件を満たしていなければなりません。

  1. 有効かつ最新の獣医師免許を取得していること。
  2. 医療過誤保険に加入していること。
  3. 過去5年間、獣医師会からいかなる懲戒処分も受けていないこと。
  4. 申請料金の支払い

DVSマレーシアは、VHM認証を発行する前に、申請者の施設のオンサイト検査を必要とする場合もあります。申請者が認証を受けた後は、認証を有効に維持するために、VHM標準に準拠している必要があります。認定を希望するマレーシアの獣医は、詳細についてDVSマレーシアにお問い合わせください。

VHM仕組(手順)?

VHMを取得するためには、マレーシアの獣医局(DVS)に必要な書類を添えて申請する必要があります。申請書はDVSによって処理され、承認されればVHMが発行されます。

VHMは1年間有効で、毎年更新する必要があります。VHMの申請は、DVSのウェブサイト(dvs.gov.my)からオンラインで行うことができます。

GVPまたはグッド獣医師診療証明書とは何ですか

グッド・ベジタリー・プラクティス (GVP) は、マレーシアの獣医師のための倫理的行動規範です。マレーシア獣医評議会 (MVC) によって開発され、マレーシアの獣医師に期待される職業的行動の最低基準を定めています。

GVPは動物福祉、専門的行為、臨床実習、研究を含む動物医療のすべての側面を含んでいる。

最終的:

消費者として、VHMとDVSマレーシアによってGVPによって認定された製品の安全性と品質が保証されます。これらの製品は厳格なテストを経て、国際基準を満たしていることを意味する。

同様に、ビジネスとして、VHMおよびGVPによって認定された製品を使用することで、競争力を高めることができます。これは、お客様に安全で高品質な製品を提供することに取り組んでいることを示しています。

したがって、品質保証を求める場合は、VHMとGVPによって認定されている製品を探します。安全に使用でき、国際標準に準拠していることを確認できます。

エージェンシーあなたのビジネスのためのコミュニケーション戦略

コミュニケーション戦略とは何か、そしてそれはビジネスのパフォーマンスにどのような影響を与えるのか。この記事では、それを含めて説明します。なぜなら、Mandreel Agencyは、あなたのビジネスを浮かび上がらせるために必要なコミュニケーション戦略を非常によく確立するのに役立つからです。それでは、あなたに必要な情報をお届けします。

コミュニケーション戦略とは何ですか?

それらは、ブランドとしてのメッセージをどこまでも伝えるための一連のプランニングツールです。したがって、ビジネスのイメージ、ブランド、製品を体系的かつ首尾一貫した方法で、意図したターゲット層に効果的に届けることができます。彼らを顧客に変えるために。

次に、これらの戦略の重要性を理解したでしょう。そして、すべてのビジネスで、製品やサービスを販売できるように存在する必要があります。Mandreel.comとそのコミュニケーション戦略管理サービスが提供される場所です。

どのようにできますかエージェンシー助けてくれる?

コミュニケーション戦略計画を実行するために私たちを選んだなら、あなたは良い手に落ちました。Mandreel、ビジネスとしての目標を達成できるように、最初から最後まで必要なすべてを行うことに重点を置くからです。

あなたの現在の状況を分析します

まず最初に行うのは、あなたが今どのような状況にあるのかを分析することです。つまり、現在のブランドとしての評価、ブランドとしてのアイデンティティ、現在または過去の顧客、市場でのポジション、競合他社の影響力などです。また、ビジネスとしてのチャンスとデメリットを考慮して、次のポイントを設定します。

目標を決定する

あなたの状況を分析した後、私たちは何を改善する必要があり、何に焦点を当てる必要があるかを決定し始めます。この場合、これをコミュニケーション戦略全体で従う目的と呼びます。これらの目的では、「もっと売る必要があるのか」という質問に対する回答を翻訳します。より多くのクライアントを取得する必要がありますか? 競争と差別化する必要があるのか?そして、明確で簡潔な目標を設定するためのより多くの質問。

あなたの聴衆を定義しなさい

次は、自分のメッセージをどのオーディエンスに届けたいのかを知ることです。あなたのオーディエンスは何歳ですか?どのような性別を持っていますか?どんな好みやテイストを持っているのか?どのようなメディアをよく利用しているのか?これらをすべて上げて、ターゲットとなるオーディエンスのプロフィールを確立していきます。そして、次のステップへと進みます。

メッセージを決定する

このステップでは、目的を満たす明確で簡潔なメッセージを決定します。しかし、それはあなたが到達したい聴衆にも適しています。この場合、www.Mandreel.comは、あなたのメッセージを翻訳するためのコミュニケーションとデザインの専門家を持っています。

コミュニケーションの手段を確立する

その後は、ターゲットにメッセージを送るための最適なコミュニケーション手段を探すことになります。このようにして、私たちはコミュニケーション戦略の実行を続け、仕事を終えることができます。もちろん、戦略の結果や、お客様のブランドのために設定した目標を達成できたかどうかを知ることも必要です。なぜなら、私たちは最後までクライアントにコミットしたいからです。

ストロングハートチュアブルの使い方は?

ストロングハートチュアブルは、フィラリア対策として非常に頼れる選択肢です。使い方も簡単で、基本的には経口薬としてあげることができるシンプルなタイプです。しかし、お薬の扱いですので、購入前にはその使い方を把握しておくことが重要でしょう。医師に相談すること、そして、ストロングハートチュアブルのパッケージに記載される指示に従うことを前提として、ここでは、事前知識として重要なポイントをご紹介したいと思います。

有効成分イベルメクチンの扱い方

ストロングハートチュアブルの有効成分はイベルメクチンというものです。これは、フィラリアのみならず、このような糸状虫を駆除するために使用されます。対象となる寄生虫には絶大な効果を発揮しますが、有効成分の量は適切に抑えられており(正しい量を正しいタイミングと頻度で使うことが重要です)、正しくあたえる限り、これが愛犬の体に害を及ぼす心配はありません。イベルメクチンはごく少量でも、寄生虫にだけ効果を発揮してくれるのです。しかし、場合によっては注意が必要です。まずはコリー系のワンちゃんには使用しないでください。遺伝的に、コリー系の犬種は脳におけるイベルメクチンなどの成分をバリアする能力が低く、ダメージを引き起こしてしまう危険性があります。加えて、どの犬種であっても、初回の使用前には、必ず獣医さんに相談するようにしましょう。というのも、愛犬の体内にすでにミクロフィラリアという幼体が存在する場合、イベルメクチンによりそれが死滅し、犬の体にショックを引き起こしてしまうから。ストロングハートチュアブルは便利で頼れるお薬ですが、必ず、正しい知識を身につけた上で、これを活用すべきか考えるようにしましょう。スタンプについての詳細はこちらのリンクまで! www.femito.com

シンガポールステッカープリントのクオリティを上げる印刷のコツ

魅力的な方法でステッカーをデザインできることは重要です。しかし、プリントのしやすさや出来上がりにも影響を与える印刷プロセスの決定についても考えなければいけません。そのコツを知って使うことは制作するステッカーのクオリティに必ず影響します。スタンプについての詳細はこちらのリンクまでhttps://www.kiasuprint.com/cheap-sticker-label-printing-service-in-singapore/products/。 

1.シンガポールステッカープリントのカラープロセスをマッチさせる 

一般的に、二つのカラープロセスが存在します。まずは赤、緑、青を組み合わせていろを作るRGBです。もう一つはシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックを使うCMYKです。RGBは一般的にモニターに映し出されるデザインソフトでつかわれます。一方で、CMYKはプリンターのインクに使われています。大事なのが、RGBで作られる色とCMYKで作られる色には少し違いがあるということです。RGBはCMYKよりも明るい色味です。もしRGBでデザインしてCMYKで印刷すると、違うものとなり正確な色が出力されません。少しの違いに思えるかもしれませんが、大きな違いとなります。このようなミスを防ぐために、デザインもCMYKで行うか、印刷前にRGBをCMYKに変換する必要があります。こうすることで正しい色で印刷が可能です。 

この二つのカラープロセスだけが選択肢ではありません。実を言うと、もう一つあまり広くは使われていませんがPANTONEカラーというものがあります。PANTONEカラーは他の二つと比べてかなり高価になり、大きなベタ塗りエリアがある場合にオススメです。コストの問題で、このような場合以外ではあまり使われません。低価格に抑える対処法として、大きなベタ塗りエリアを小さくしてCMYKカラーでも印刷できるようにし、PANTONEカラーを使わないという手法を取ることで可能です。 

2.耐久性 

ステッカーの丈夫さは選択したインクタイプ、印刷プロセス、利用した材質によっても変わってきます。素材によっては特定のインクでしか使えないものがありますが、この決定はステッカーを使う目的によって変わります。例えば、屋外で使いたいなら屋外の環境にも耐性のあるインクを使ったり、屋内向け場合は屋内向けのものを使ったり、耐熱性があるもの、耐寒性があるものといった違いがあります。他と比べてどちらが適しているか、どれがベストなのか必ず確認しましょう。 

3.仕上げ 

仕上げをするのはステッカーの印刷が終わった後です。しかしこちらも重要です。仕上げの決定は使った素材やインクによっても変わってきます。この素材にはこの仕上げは使えないという事が起こります。適していないステッカー仕上げを使って品質を落としてしまわないように、丈夫にするための対応している仕上げについて確認しましょう。 

光沢仕上げ・マット仕上げ・またはコーティング無し。名刺に最適な仕上げを選択しよう

名刺印刷には様々な側面がありますが、それぞれが等しく重要です。優れたデザインがいかに重要か強調しがちですが、名刺の見栄えをよくするのはデザインだけではありません。カードストックの品質や最終ステップに選択した仕上げなどの影響を受けています。

人気のある仕上げとしてエンボス加工やデボス加工、UVフィルター加工コーティング、型抜きや折り目をつけるものなどがあります。

コーティングはシンプルでありながら、肌触りを良くするため最も一般的な仕上げの1つです。コーティングには、光沢仕上げ、マット仕上げの2種類があり、もしくはコーティングをしないという選択もできます。どれを選べばいいか分からないという方に、それぞれの特徴を紹介していきます。

  1. 光沢仕上げ

光沢仕上げは表面を滑らかにし、肌触りの良い名刺に仕上がり、特別感を演出できます。このコーティングを施すことによって名刺は厚さを増すため、他の名刺と比べ、より目立つだけでなく、ほこりや湿気を吸収するのを防ぎ、名刺の耐久性を高めるという利点もあります。

  • 2、  マット仕上げ

マット仕上げは、表面を滑らかで、光沢を出さないように仕上げ、柔らかく、優雅なイメージを演出できます。光沢仕上げとは異なり、マット仕上げは必要に応じて追加情報を名刺に書き込めるという特徴があります。またエンボス加工やデボス加工と組み合わせて、よりプロフェッショナルな見た目にすることもできます。

  • コーティング無し

もちろんコーティングを一切しないで仕上げることも可能です。コーティングされていない用紙は、インクを早く吸収し、早く乾燥するという特徴があります。ただし、コーティングされていない分、擦り切れたり、破れたりする可能性もあります。コーティングをしない場合、分厚く、質感のある用紙を選択すれば、少し強めの印象を残せるでしょう。

これらのコーティングを他の仕上げと、うまく組み合わせて名刺の受け手により強い印象を残しましょう。仕上げ以外にも名刺に選択する用紙がデザインとマッチしていて、統一感があることを確認しておきましょう。詳細についてはここをクリックしてください: https://www.kiasuprint.com/businesscards-namecards-printing/products/

ペットくすりではどんな仕組みが採用されているのか

ペットくすりという名前はすでにご存知でしょう。そして、これがどのようなサービスを提供しているのかも、ともすると、よく知られているはずです。ペットくすりは、個人輸入代行サイトです。個人が海外から物品を購入したいと考えている時に、実務を担当してくれます。そんな表面的な部分は明らかですが、業界でどのような役目を果たしているかわかりますか?

ペットくすりは代行サイトです—この点をはっきりと理解しておきましょう。代行に徹しており、決して、物品を販売しているわけではありません。お薬などの規制の関係で、日本市場向けに販売することが禁止される例があります。そのような場合に、もし「Petkusuriなどの代行サイト」が販売を行なっているとなれば、規制の対象になるでしょう。しかし、代行サイトが行なっているのは、あくまでも、海外からの個人的な輸入のサポートです。ですので、法律や規制との関係が変わってきます—少しトリッキーな話ですが、理解しておくと便利です。

販売元は海外の会社になります—お薬であろうと、電子機器であろうと、サプリメントであろうと、代行サイトはその間を取り持つ存在にすぎません。このような形態が規制や法律の適用を難しくしている理由の一つでもあります。前述のように海外から物品を入手することになるので、配送には時間がかかります。在庫を日本に抱えることはできません。ここまでのシステムを理解すれば、配送に数週間かかることは一切不思議ではありません。ペットくすり(Petkusuri.com)に限ったことではありませんが、代行サイトの存在は往々にして曖昧です。だからこそ、業界での立ち位置を鳥瞰図で理解するように心がけてみましょう。

ベストケンコーのアイデアを事業展開に活用した話

かなり個人的な話になってしまいますが、ベストケンコー(Bestkenko.com)の記事を書く日々がいい影響を及ぼしてくれたので、そのケーススタディをご報告したいと思います。ベストケンコーは、個人輸入をしたい個人を助けてくれる代行サイトです。海外から物品を手に入れたい、でも、具体的な実務については全くわからない…そんな人を助けてくれるのがBestkenkoです

ベストケンコーを活用していると、あることに気づきました。それが、個人であらゆることに「自ら挑戦したい」という欲求の高まりです。もちろん、そのような望みは、どのような人にもあり、過去から存在したことは明らかです。現代社会で見られる違いは、それが「手の届く場所にあること」—だからこそ、人々は、必死に手を伸ばすのです。ここで、あることに気がつきませんか?そんな状況で、あなたが事業を展開しようとしたら…どうでしょうか?このような、人々の心理や基本的な仕組みを満たすような事業をやってみようとは思いませんか?これこそが、私が注目したポイントです。

個人として「今後、どんなことを自らの力で決めたいと思うのか」考えてみてください。それはきっと、他の人たちにも言えることです。もちろん、現代社会ですでに注目が集まっているテーマでもいいですが、今後、現れるであろう流れを先読みするのが効果的です。5-10年後の社会で、会社や組織ではない個人が、どのような選択肢を追い求めるか、想像してください。

くすりエクスプレスで物事の見方が変わったという(ちょっと大げさな)話

あえて大げさなタイトルでお送りしています。くすりエクスプレス(Kusuriexpress)を利用することをきっかけとして、世界の見方が変わりました。このように言葉にすると大げさな雰囲気が漂いますが、確かに、考え方が大きく変わりました。実際、同じことをしていても、その背後にある意味を読み取るか、気にしないでいるか、によってそこから学びが得られるかどうかが変わります。私の場合は、特に意識はしていなかったのですが、くすりエクスプレスについての記事を多く書いているうちに、新しい気づきに出会うことができました。決して啓蒙の類ではありません。気軽な気持ちでどうぞ。

Continue reading “くすりエクスプレスで物事の見方が変わったという(ちょっと大げさな)話”