ペットくすりではどんな仕組みが採用されているのか

ペットくすりという名前はすでにご存知でしょう。そして、これがどのようなサービスを提供しているのかも、ともすると、よく知られているはずです。ペットくすりは、個人輸入代行サイトです。個人が海外から物品を購入したいと考えている時に、実務を担当してくれます。そんな表面的な部分は明らかですが、業界でどのような役目を果たしているかわかりますか?

ペットくすりは代行サイトです—この点をはっきりと理解しておきましょう。代行に徹しており、決して、物品を販売しているわけではありません。お薬などの規制の関係で、日本市場向けに販売することが禁止される例があります。そのような場合に、もし「Petkusuriなどの代行サイト」が販売を行なっているとなれば、規制の対象になるでしょう。しかし、代行サイトが行なっているのは、あくまでも、海外からの個人的な輸入のサポートです。ですので、法律や規制との関係が変わってきます—少しトリッキーな話ですが、理解しておくと便利です。

販売元は海外の会社になります—お薬であろうと、電子機器であろうと、サプリメントであろうと、代行サイトはその間を取り持つ存在にすぎません。このような形態が規制や法律の適用を難しくしている理由の一つでもあります。前述のように海外から物品を入手することになるので、配送には時間がかかります。在庫を日本に抱えることはできません。ここまでのシステムを理解すれば、配送に数週間かかることは一切不思議ではありません。ペットくすり(Petkusuri.com)に限ったことではありませんが、代行サイトの存在は往々にして曖昧です。だからこそ、業界での立ち位置を鳥瞰図で理解するように心がけてみましょう。

ベストケンコーのアイデアを事業展開に活用した話

かなり個人的な話になってしまいますが、ベストケンコー(Bestkenko.com)の記事を書く日々がいい影響を及ぼしてくれたので、そのケーススタディをご報告したいと思います。ベストケンコーは、個人輸入をしたい個人を助けてくれる代行サイトです。海外から物品を手に入れたい、でも、具体的な実務については全くわからない…そんな人を助けてくれるのがBestkenkoです

ベストケンコーを活用していると、あることに気づきました。それが、個人であらゆることに「自ら挑戦したい」という欲求の高まりです。もちろん、そのような望みは、どのような人にもあり、過去から存在したことは明らかです。現代社会で見られる違いは、それが「手の届く場所にあること」—だからこそ、人々は、必死に手を伸ばすのです。ここで、あることに気がつきませんか?そんな状況で、あなたが事業を展開しようとしたら…どうでしょうか?このような、人々の心理や基本的な仕組みを満たすような事業をやってみようとは思いませんか?これこそが、私が注目したポイントです。

個人として「今後、どんなことを自らの力で決めたいと思うのか」考えてみてください。それはきっと、他の人たちにも言えることです。もちろん、現代社会ですでに注目が集まっているテーマでもいいですが、今後、現れるであろう流れを先読みするのが効果的です。5-10年後の社会で、会社や組織ではない個人が、どのような選択肢を追い求めるか、想像してください。

くすりエクスプレスで物事の見方が変わったという(ちょっと大げさな)話

あえて大げさなタイトルでお送りしています。くすりエクスプレス(Kusuriexpress)を利用することをきっかけとして、世界の見方が変わりました。このように言葉にすると大げさな雰囲気が漂いますが、確かに、考え方が大きく変わりました。実際、同じことをしていても、その背後にある意味を読み取るか、気にしないでいるか、によってそこから学びが得られるかどうかが変わります。私の場合は、特に意識はしていなかったのですが、くすりエクスプレスについての記事を多く書いているうちに、新しい気づきに出会うことができました。決して啓蒙の類ではありません。気軽な気持ちでどうぞ。

Continue reading “くすりエクスプレスで物事の見方が変わったという(ちょっと大げさな)話”